CONCEPT - Japan elegance, which is essential in the future.

江戸時代、街道旅が地域と地域をつなぐ

浮世絵師の北斎や広重は街道を歩いて庶民文化を描いて伝えました。
徳川家は地方の匠や日本の粋suiを集めて、安泰の時代の象徴となる東照宮を建立し、一般大衆に日本の伝統美を知らしめました。

現代の伝統美は地域アライアンスがもたらす

例えば、群馬・桐生の綿織物の技術が、静岡・遠州に伝わり、遠州織物の産地が誕生しました。
のちに、遠州織物は自動車産業を支えることになりました。地域と地域を技術がつなぎ、世界に羽ばたく産業を作り上げました。

日本の街道は、文化や技術、伝統を広め、地域と地域の連携(アライアンス)。
世界を魅了する日本の伝統美は今もカタチをかえながら、受け繋がれています。そして日本の伝統美は欧州へはばたく。。。

JAPAN ELEGANCE

フランスでは北斎や歌舞伎鑑賞に行列ができ、ユニクロやマンガ、パリジャン&パリジェンヌを惹きつけます。
世界に日本の伝統美を知らしめ、日本を求める場所・人・文化の循環を推進する「出口戦略モデル」。
それが「東海道マルシェ」です。
そして、その事業モデルのスター商材が地域連携ブランド「静 Shizu-ca」です。

The stylishness of the Edo period

Ukiyoe master Hokusai and Hiroshige told people the culture of the common people through their prints.
The Tokugawa gathered local artisans and stylishness to build a Toshogu,
These made the public aware of Japanese traditional beauty.

Modern traditional beauty

For example, the technology of cotton fabrics of Kiryu ,Gunma was transmitted to Enshu, Shizuoka, and then the production area of the Enshu fabric was born.
Later, the Enshu fabric has became the supporting factor of the auto industry.
Technologies have connected the region and the region, having created an industry that flares to the world.

Spreading culture, technology and tradition, which is the regional and regional alliances.Japan's traditional beauty that fascinates the world is charmed around the world.

JAPAN ELEGANCE

"Exit strategy model" to promote the circulation of places, people and culture toward the world, making the hich is absolutely "Tokaido Marche".